CoQ10 Navigation
コエンザイムQ10の使い方や飲み方について解説!
体験談・レビューも充実しています。

コエンザイムQ10は体内の生産力だけでは不足します

コエンザイムQ10は、体の中のたんぱく質を酵素に変える際に必ず必要となる補酵素という役割を持っています。
たんぱく質とコエンザイムQ10を使って体内で作られた酵素は代謝酵素と消化酵素に分かれ、前者の代謝酵素は体に溜まった不要な毒素を排出して新しい細胞を作り出す役割を持ち、後者の消化酵素は食物から摂ったたんぱく質をきちんと消化できるようにしてくれています。
どちらも私たちの健康を維持するためには欠かせない成分です。

もし酵素がなければ、私たちの身体の傷は治らず、血管はもろくなり、肌もぼろぼろになってしまいます。
それを避けるためにはたんぱく質と補酵素を絶えず供給し、体内で酵素をたくさん作り出さなければなりません。

補酵素のコエンザイムQ10はもちろん体内でも生成されていますが、体内の生産力は不安定で、ストレスやカゼ、寝不足など、ほんの少しの要因で減少してしまうのが問題です。
そもそも加齢により生産力が落ちていきますので、常時必要量を維持するのは大変なのです。

成人が1日に必要なコエンザイムQ10量は、約30マイクログラムと言われています。
コエンザイムQ10は食物からも直接摂取することができますが、バランスの良い食事をいていても、成人でだいたい1日に6マイクログラムから10マイクログラムを摂取できればいい方だと言われています。

安定した供給のためには、できればサプリメントで不足分を補うようにすると良いでしょう。
特に体調を崩した後には生産力が落ちているでしょうから、意識的に普段よりも多く摂取するようにします。

トップに戻る