コエンザイムQ10と医薬品の相互作用について
CoQ10 Navigation
コエンザイムQ10の使い方や飲み方について解説!
体験談・レビューも充実しています。

明るい生活をコエンザイムQ10で

昨今、人々の健康志向が次第に高まるにつれて、不足しがちな栄養素を簡単に補給することが出来る『サプリメント』というものが注目を集めています。
この『サプリメント』は錠剤や飲料などの形式で、ドラッグストアやコンニエンスストアやスーパーマーケットなどで簡単に購入をすることが出来ますので、利用をしている方も多いことでしょう。
各々の『サプリメント』によって、それぞれ独自の効能があります。
利用をする際には、求めている効能をよく確認をして、希望のサプリメントを購入することとなります。
しかし、この『サプリメント』は体内に栄養素として摂取された後に、体の各器官に作用をすることとなりますので、もし、合わせて医薬品を服用をしている場合、『相互作用』を起こす可能性があります。
『相互作用』とは二つ以上の物質が互いに良くも悪くも力を及ぼしあってしまうことを指します。
つまり、『サプリメント』と『医薬品』の有効といわれている成分が重複をしてしまうことによりその有効性が減少をしてしまうケースや逆にその有効性が増加しすぎてしまうケースを指しているのです。
それでは、最近注目のサプリメントである『コエンザイムQ10』にはどのような『相互作用』があるのでしょうか。


まず、『コエンザイムQ10』には血圧を下げる効果がありますので、高血圧症剤と一緒に服用をしてしまうと、本来目標としている血圧よりも、さらに血圧が下がってしまう可能性があります。
次に、この『コエンザイムQ10』には血液の凝固を促進する効果がありますので、血液凝固を抑える『ワルファリン』と一緒に服用をしてしまうと、『ワルファリン』自体の血液凝固の効果を弱めてしまう可能性があります。
また、http://www.asyerabellas.com/にもあるように、この物質には強い抗酸化作用がありますので、抗がん剤と一緒に服用をする場合には、必ず、医師と良く相談をする必要性があります。
また、高脂血症用剤である『スタチン』というものは、コレステロールの合成を抑制するものとなりますが、そのコレステロールの抑制の過程で『コエンザイムQ10』の生成もあわせて抑制をしてしまう可能性があるため、別途、この物質をサプリメントとして服用をして補給をすることが有効となります。
このように『サプリメント』と『医薬品』には相互作用があり、効果が減少したり増加をしたりしてしまうことがありますので、服用をしている医薬品がある場合には医師とよく相談の上、サプリメントを利用することが望ましいでしょう。

トップに戻る