現在授乳中。コエンザイムQ10は摂取して大丈夫?
CoQ10 Navigation
コエンザイムQ10の使い方や飲み方について解説!
体験談・レビューも充実しています。

明るい生活をコエンザイムQ10で

私は現在授乳中です。
ですので、赤ちゃんのことが気になってなにかと深く考えてしまいます。
とくに薬を飲んだりサプリメントを飲んだりする時はとくに気を使います。
薬を飲むと赤ちゃんに影響がでてしまうので気をつけているのですが、逆に考えれば、いいサプリメントを摂取すれば、その効果が赤ちゃんにも表れるのではないかと私は思いました。
私も摂取したく赤ちゃんにもいい影響がでるサプリメントはないかと考えました。
私の今の悩みは、出産後肌のあれがひどく化粧が上手にのらないことです。
今は専業主婦なので、多少化粧をしてなく、肌が荒れていてもいいですがあと数ヶ月後に職場復帰予定なので、このままでは困ります。
ですので、肌の為になるサプリメントを摂取したいと思うようになりました。
私がまず思いついたのは、化粧品などでよく見かけるコエンザイムQ10です。
http://www.wvared.com/cosmetics.htmlでも紹介されていますが、化粧水や乳液、パック、洗顔料など、色々なものに配合されていて、薬局などでよく見かけます。
私が昔から愛用しているパックに配合されていた為、親しみがありました。
コエンザイムQ10を摂取して、肌あれが少しは収まり、化粧が出来るくらいまでよくなれば、という思いで調べることにしました。


まず一番大事なことは、コエンザイムQ10は、授乳中でも大丈夫か。
ということです。昔は化学合成で製造が一般的だった為あまり体によろしくなかった様です。
今は発酵法によって自然に近い方法で作られている為昔よりは体に安全なようです。
しかしママがコエンザイムQ10のサプリメントを摂取した時の赤ちゃんへの影響はあまり研究報告がないようです。
ですので100%安全という保障がないのです。
サプリメントの注意書きをみても、妊娠中、授乳中はお控えいただくか医師とご相談くださいとかいてあります。
しかし妊娠中、授乳中だからこそ飲みたいというのが本音ではないでしょうか。
では、どのような効果があるのでしょうか。
・日常の疲れ・肌が綺麗になる・冷え性対策・しわの解消・低低血圧対策・免疫力を高める・活性酸素の攻撃を防ぎ、老化の進行を抑制する・余分な体脂肪が蓄積されるのを防ぐためダイエットの効果がある等があるようです。
どれも魅力的です。
産前産後に必要なケアが詰まっていると思います。
摂取できればいいことが沢山あると思います。
100%安全という保障はありませんが赤ちゃんも薬を飲んだりします母乳から赤ちゃんに移行する量はごくわずかです。
ですので、摂取したい場合は天然の原材料表示をしっかりと確認し、発酵法による製造で品質のようものを選びましょう。
効率の良いコエンザイムQ10の摂取方法はこちらに載っています。

それでも不安であれば医師や薬剤師に相談してからにしましょう。
またhttp://cr-chromium.info/ookuf.htmlにかいてあるように、この成分は食品からも多少は摂ることができますので、この時期だけ積極的に食事から摂るという方法もあります。

トップに戻る